大事なところ

コードバン財布が嫌いな理由

コードバン財布は、非常に人気があります。

扱ってるお店も売切れや品薄状態が続いています。

全体的な原皮の供給量が少ないと言うのも原因と言えるでしょう。

 

そこで、これだけ人気があるのに、コードバン財布を選ばない方がいます。

なぜなのか?

 

革財布を初めて買う初心者を対象に、ただ人気があったからと言う理由でコードバンを選び、後悔してしまうことが無いようにとあえて書いておこうと思います。

買うなと言うことではありませんよ。好きだからこそ、書くのです!w

 

選ばない理由は、単純に値段が高いと言うこともありますが、ネットで探ってみて良く聞かれるのが、コードバンの艶や光沢についてです。

コードバンは、非常に美しく輝きます。

革のダイヤモンドとも称されます。

 

しかし、人によっては、「艶々すぎる」、「光すぎる」と言うことで嫌がられる場合があります。

コードバンにとっては、最大の特徴でありながら、デメリットな部分でもあるわけです。

初めてコードバン財布を買われる方は、この点をしっかり理解しておくべきでしょう。

 

ちょっと顔料系のコードバンを見てみましょう。

 

 

 

どうですか?

新品の時からものすごい光を放っているのがわかるかと思います。

使って行けば、さらに艶も増してきます。

テカテカが眩しい~!

これが私は大好きなのですが・・・^^;

 

比較としてブライドルレザーの写真も見てください。

 

 

どうでしょう?

使用前のブルームが残ってるブライドルレザーなので比較するには、若干、酷なのですが、同じ未使用状態を条件として見てみると、違いがはっきりわかるかと思います。

 

一説によると革は使用するにつれて、汚れなどが、革の繊維につまり、それが艶や光となって表れるとも言われますが、そういう意味では、ブライドルレザーやバケッタ製法で作られるイタリアンレザーなども徐々に美しい艶や光沢が出てきます。

しかし、コードバンは特に他の革に比べると繊維が高密度、縦に連なっているとのことで、艶や光沢感が強く現れる構造になっています。

つまり光沢や艶はどうやっても防ぎようがないわけです。

 

大好きなコードバンですが、こんなはずではと失敗して欲しくもないので、この点をよくよく考えて見るべきかと思い、しぶしぶ書いてみました。^^;

 

最上級の艶や光沢を求めるのであれば、コードバン財布を、ちょっと苦手だなと思う場合は、他のレザーをお選び頂ければと思います。

 

よし!コードバンで問題ないぞ!と言う方は、併せてこちらも是非ご覧ください!

(初めてコードバンを選ぶ方には特にお勧めの内容と自負しております。^^;)

⇒コードバン財布は顔料と染料どちらが良い?

⇒日本製コードバンの正しい選び方

 

艶も欲しいが、味のある個性的な変化を楽しみたい方はこちらもどうでしょう!

⇒コードバンの真のライバルはバケッタレザー!?

 

そこまで変化は望まないけど、本革の醍醐味を堪能したい方は!

⇒ ブライドルレザー財布をお探しなら!